コンテンツへスキップ

SharePoint Developers Forum開催

2009年6月8日
ブログ記者の樹です。マイクロソフト製品全般について書いていく予定ですので、よろしくお願いします。
SharePoint Developers Forumというイベントをご存知でしょうか。すでに2回開催されていて、第3回が6/29に予定されています。
*以下紹介するURLはLiveIDによるログインを求められる場合があります。
SharePoint Developers Forum × Microsoft Tech Fielders コラボ企画
~インターネットでのSharePoint Server 2007 活用技術~
http://www.microsoft.com/japan/isv/innovateon/2007office/communityevent03.mspx
今回のテーマは、「SharePointサイトのインターネット公開」。日本ではまだあまり公開されている事例はありませんが、海外ではフェラーリをはじめ、様々な企業が外部公開サイトにSharePointを利用している事例があります。本来SharePointはイントラネットの情報共有を目的に開発がスタートしたテクノロジーなので、古いバージョンの印象が強い人には、SharePointサイトを外部公開するといわれてもイメージしづらいかもしれません。ですが、最新バージョンのSharePoint Server 2007にはインターネット公開用のライセンス形態が存在していますので、外部公開も視野に入れて開発されている製品であることも事実です(その背景にはこのバージョンでマージされたソリューションも大きな役割を持っているのですが、SharePointの発展の歴史については、機会があれば改めてまた私かほかの記者がご紹介できればと思います)。
ただし、機能的には対応していても、実際に外部公開するためにはそれ相応のノウハウが必要ですので、今回のフォーラムは外部公開に関心のある人には貴重な機会といえそうです。特に今回は、マイクロソフトの名物スピーカー松崎氏もセッションを持っているので、松崎さんならではの開発系のマニアックな話も期待できそうですね。
ところで、このフォーラムはマイクロソフトのイノベートオンプログラムというパートナー支援施策の一環で開催されています。このプログラムは、マイクロソフト製品を利用した開発を行う企業に対して情報提供などを行うというもので、製品/テーマごとに区分がわかれています。SharePointもOBAとしてプログラムが用意されています。実際に、アンクもこのプログラムに参加していますが、プログラムに参加していなくてもフォーラムには参加できます。
海外では、SharePoint開発者向けのもっと大規模なイベントが開催されていますが、日本では毎年夏に開催されるTechEdを除けばこのフォーラムしかいまのところ定期開催されるイベントはないようですので、興味のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか。
なお、過去の2回の内容はこちらで紹介されています。
第1回の様子がWebCastで動画配信されているので、そちらでフォーラムの様子を知ることもできます。
※6月24日追記※
この記事で紹介しているフォーラムの「MOSSの外部公開」というテーマについて、皆さんとても関心が高いらしく、おかげさまでこの記事へのアクセス数も伸びているようです。
記事の中では触れていませんでしたが、実はアンクでもMOSSを外部公開する際のサイトデザインを手がけています。詳しくはアンクのWebサイトをご覧ください。また、今後このテーマに沿った記事も順次公開していく予定です。
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。