コンテンツへスキップ

使いやすいstsadmのリファレンス

2009年8月19日

ブログ編集長の木暮です。

stsadmはSharePointのコマンドラインツールです。
stsadmの読み方は、そのままアルファベットで「エス ティー エス エー ディー エム」と読む場合もありますし、「エス ティー エス アダム」と読む場合もあります。

このstsadmですが、マイクロソフト社のTechNetにリファレンスがあるのはご存じでしょうか?

Stsadm Technical Reference for Windows SharePoint Services 3.0
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/sharepoint/dd418924(en-us).aspx

 

Stsadm Technical Reference for SharePoint Server 2007
http://technet.microsoft.com/ja-jp/office/sharepointserver/cc948709(en-us).aspx

上記のページ自体は英語で書かれているのですが、それぞれのコマンドの「More Information」をクリックして表示されるのは、各コマンドの詳細について書かれた日本語ページになっています。

また、さらによくまとめられているサイトも発見しました。
海外のWSS Demoというサイトです。

STSADM Command Line Reference
http://www.wssdemo.com/Lists/stsadm/AllItems.aspx

こちらも残念ながら英語なのですが、WSS上にリスト形式になっているので、とても使いやすそうです。

以上、stsadm使いの方々向けの情報でした。

ひらめきWindows系開発「アンク」のWebサイトへ
ひらめきANK.net blog トップへ

 

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。