コンテンツへスキップ

Microsoft Tech・Ed Japan 2009を振り返りつつ・・・

2009年9月14日

ブログ記者の樹です。

ちょっと間が空いてしまいましたが、Tech・Edが終了すると毎年夏ももう終わりという感じがしますね。単に夏休みの終わりとリンクしてるから学生気分が抜けてないだけかもしれませんが。。。 ちなみに、Tech・Edは今年で15周年だそうです。Tech・Edがスタートした当時はさすがにまだ学生でしたが、まさか今こうして仕事でTech・Edに参加してブログを書く時代が来るとは思いませんでした。技術の進歩も時間の流れも速いものです。

さて、Tech・Edの後はマイクロソフトのジャパンパートナーカンファレンスがあり、そしてITpro Expoを経て年末に向かうのが、毎年の恒例行事になっています。今年は10/22にWindows 7、Windows Server 2008 R2の発売が控えているほか、Exchange Server 2010やSystem Center Virtual Machine Manager 2008 R2などもこの秋に発売が予定されています。このように主要製品の新バージョンのリリースが続くため、マイクロソフト製品に関わっている業界人にとってはこれから当分忙しくなることが予想されます。

さらに年が明けると、Office 2010やSharePoint 2010、Visual Studio 2010、.NET Framework 4.0とさらに大きな製品リリースが続きます。つい先日、System Center Configuration Manager 2007 R3という管理製品もリリース予定が明らかになったばかりですし、これから来年にかけて当分新製品ラッシュの波は続くことになりそうです。なお、今後1年間のMSのマーケティングカレンダーについて、先日行われたマイクロソフトのワールドワイドパートナーカンファレンスで紹介されたスライドがCNETで公開されています。こちらを見れば、新製品のリリースタイミングの目安がわかるので、興味のある方はこちらをご覧ください。

CNET Japan 「フォトレポート:マイクロソフト2010年マーケティングカレンダー–主要製品計画を明らかに」http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20397152,00.htm

新製品群の中でも、いよいよ目前に発売日が迫った(実際にはライセンス販売がすでに先行スタートしてますが)Windows 7とWindows Server 2008 R2ですが、この二つは今回のTech・Edでも中心的なテーマになっていました。それぞれの機能紹介はマスコミですでに報道合戦が始まっていますので、ここで細かく紹介することは避けますが、逆に情報が多すぎてよくわからないという方もいることでしょう。そうした方たちのために、それぞれのポイントを簡単にまとめてみたいと思います。

まずはWindows 7。この新しいクライアントOSの特徴は、Vistaで実現できなかった最新機能と高速化のバランスを実現した、という一言に尽きます。Vistaも最新テクノロジーが満載されていて、楽しいOSではありましたが、いかんせん古いハードウェアでは遅すぎてXPがいまだに延命している理由にもなっていました。Windows 7は最新でありながらVistaよりも早いということが大きなセールスポイントになっています。Tech・Edでも古いハードを使った起動検証を実際にやっていましたが、高速化という点にはかなり期待してよさそうです。

そしてWindows Server 2008 R2。こちらはOSとしては前バージョンのマイナーバージョンアップという性質が強いのですが、やはりHyper-V2.0という最新仮想化テクノロジーの導入(実際に自分でも検証しましたがLive Migrationはインパクト大です)、そしてそれをベースにリモート接続機能を強化させたことで実現したシンクライアントソリューション(VDIあるいはRemote desktop Virtualizationと呼ばれるもの)といった新技術がかなり強力なセールスポイントになっているようです。個人的にはIIS7.5によって正式に統合されたFTP7とWebDAV機能(2008ではオプションとしてダウンロードが必須でした)、そしてServer CoreのASP.NET対応にも注目していて、Web 管理者なら要チェックのサーバーといってよいでしょう。

・・・簡単にまとめようと思いながら、書き出すと止まらなくなってきたので今回はこのあたりにしておきます。

最後に、またTech・Edの話で締めくくることにしましょう。思い返せば、初めてTech・Edに参加したのは○年前でした。ここ数年は毎年参加していますが、正直なところ世の中の景気動向に微妙にリンクしているのが少し気になるところです。それでももしかしたら今年は頑張った方なのかもしれませんが、来年はさらにまた景気のいいイベントになることをぜひ期待したいですね。

lightbulbANK.net blog トップへ
lightbulbWindows系開発「アンク」のWebサイトへ

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。