コンテンツへスキップ

SharePoint初心者向けの参考資料

2009年9月17日

ブログ編集長の木暮です。
以前からこのブログを読んでいただいている方はお気づきと思いますが、先週からブログデザインのテーマを秋バージョンに変更してみました。

さて今回は、SharePoint初心者(おもにコンテンツ作成者)向けのドキュメントをご紹介します。

実は、弊社で開発中のコピペ判定ソフト「コピペルナー(仮称)」でお世話になっている方がいらっしゃるのですが、その方(Aさんとします)の会社ではSharePointをイントラネットとしてご利用されていて、つい先日Aさんが所属している部門のホームページ作成の担当者に突然任命されてしまったとのことで、何か良い参考書はないでしょうか?という内容のお問い合わせがありました。

そこでAさんには、以下の書籍とホワイトペーパーをお薦めしました。

まずは、SharePointの登竜門的書籍『ひと目でわかるSharePoint Server 2007』です。
SharePointの担当者になったが、何から手を付けて良いか分からない、という方にお薦めです。
アンクにも4~5冊あると思います。

 

また、マイクロソフト社のサイトで『Microsoft Office SharePoint Server 2007 自習書シリーズ』というホワイトペーパーが公開されています。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 自習書シリーズ
http://technet.microsoft.com/ja-jp/cc952469.aspx

このうち、情報共有や文書管理などグループウェアとして利用するなど、基本的な操作方法を一から知りたい、というときには以下が参考になるかと思います。

基本用語リファレンス
部門横断のプロジェクト型業務の活性化
ライブラリとリストの基本操作編

「基本用語リファレンス」は、SharePointの用語集です。SharePointのドキュメントを読んでいるときに手元に置いておけば、分からない用語があった時にはサッと確認できるリファレンスとしてお役に立つでしょう。

「部門横断のプロジェクト型業務の活性化」は、チームサイトの作成方法から各種設定まで、ストリーミングで見ることができます。

「ライブラリとリストの基本操作編」は、その名の通りライブラリとリストの基本的な操作方法です。ライブラリやリストの作成方法から、ドキュメントライブラリを使った文書管理、リストを利用した情報共有について、ステップバイステップ形式で書かれています。

余談ですが、アンクでは、Windowsクライアントアプリ開発とWebアプリ開発の部署は分かれています。
スタンドアロンで動くコピペルナーとSharePointの開発チームとはまったく別なので、コピペルナーとSharePointが正直つながるとは思っていませんでした。
世の中、何がどう役立つか分かりません。

lightbulbANK.net blog トップへ
lightbulbWindows系開発「アンク」のWebサイトへ

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。