コンテンツへスキップ

Visio Conference 2009

2009年11月10日

ブログ編集長の木暮です。

本日、秋葉原コンベンションホールで「Microsoft Visio Conference 2009」が開催されました。

Visio2010とSharePoint2010の連携のセッションがあると聞き、参加しました。

SharePoint関連のイベントにはよく参加するのですが、Visioのイベントには初めて参加しました。
SharePointのイベントに来場する客層とは若干異なる感じがしました。

Visio2010の新機能は色々あるようですが、本記事ではSharePoint2010との連携について少し紹介したいと思います。

SharePoint2010との連携については、大きくわけると以下の2つになります。

1.SharePointワークフローとの連携
2.Visio Services(ブラウザ表示)

1.SharePointワークフローとの連携
Visio2010には「SharePointワークフロー図テンプレート」があります。
それを使ってワークフロー図を作成し、SharePointワークフローとして利用できます。

手順としては、大ざっぱにいうと以下のような感じでしょうか?

①Visio2010でワークフロー図を作成
②ワークフロー図をワークフロー定義ファイル「vwiファイル」としてエクスポート
③SharePoint Deisigner2010に「vwiファイル」をインポート
④SharePoint Deisigner2010で細かくパラメータ設定
⑤SharePoint2010に発行

実際にワークフローを動かすデモはなかったのですが、SharePoint2007の時と比べると、かなり”使える”ワークフローになっているかと思います。

2.Visio Services(ブラウザ表示)
SharePoint2007でExcelをWeb上で扱うExcel Servicesという機能が追加されましたが、今度のSharePoint2010では、Visio Servicesという機能が追加されます。
Visio2010をSharePoint2010に発行してブラウザ表示を行い、情報共有を行うことが可能になります。
共有できるのはシェイプ(図面)だけではありません。シェイプが持っているバックエンド(SQL Server、Oracle、DB2など)の最新データもリアルタイムに表示・共有することができます。

Visio Web Access WebパーツというWebパーツもあって、Excel Servicesのように複数のWebパーツを接続し、パラメータによって表示されるデータを切り換えることもできるようです。
また、JavaScript Mash-up APIが提供されるので、JavaScriptを使うとWebパーツへ簡単にアクセスできるようになるようですね。

SharePoint Conferenceに先駆けてSharePoint2010に関連したデモを見ることができ、満足しました。
そういえば、イベントアンケートの景品では、今流行りの”湯たんぽ”をいただきました。

なお、今月30日に開催予定のSharePoint Conferenceはこちらから事前登録できます。

「Microsoft SharePoint Conference 2009 Japan」
http://www.microsoft.com/japan/sharepoint/spc/default.mspx

SharePointDesigner2010もかなり使いやすくなっている、と最近マイクロソフトさんから聞きました。

Visio2010・SharePointDesigner2010・SharePoint2010は今月中にβ2(パブリックベータ)が公開予定とのことなので、いよいよかと、とても楽しみにしています。

ひらめきANK.net blogトップへ
ひらめきWindows系開発「アンク」のWebサイトへ

 

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。