コンテンツへスキップ
Tags

アンク絵本シリーズ(4)

2010年4月1日
ブログ記者のたかはしです。 

前回、「続く」で終わっておきながらずいぶんと間があいてしまいました。Cの絵本のお話の続きです。

前回は執筆を開始したところまでお話しました。

さて、執筆を進めていくと、どうしても文章中心の解説になりがちでしたので、いくつかルールを決めました。
実際のページを見ていただけるとわかると思いますが、たとえば、
・絵で説明し、余計な絵は載せない
・文章は原則2行以内、できれば1行、多くて3行
・小学5年生がわかる表現
・頭を空っぽにして眺めて楽しいもの
といった具合です。

文章が少ないということで説明が足りなくなりがちですが、あえて絵を使った解説を優先し、文章を吟味することで、出来る限りシンプルなものを目指しています。文章中心の本ではわからない人たちのために、感性に直接届くような本にしたつもりです。

2001年の夏から始めた執筆は予想以上に試行錯誤の繰り返しで、すべての原稿が揃ったのは年が明けてからでした。
「Cの絵本」というタイトルは最後の方まで(仮)のままでしたが、結局誰もそれ以上の案が思いつかずそのままになりました。副題の「9つの扉」というのは翔泳社さんのアイデアです。
カバーデザインの要望は特にしませんでしたが、かなりそれっぽく作っていただいてイメージがしっかりしました。このデザインに惹かれて絵本を購入していただく方もいらっしゃるようです。

おかげさまで「Cの絵本」は学校などにも多く採用していただき、現在までに24刷を数えるまでになりました。続編を書く機会にも恵まれて、大変光栄に思います。
絵本シリーズはまだまだ続きそうです。続編にもご期待ください。

ひらめきANK.net blogトップへ
ひらめきWindows系開発会社「アンク」のWebサイトへ

From → 書籍

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。