コンテンツへスキップ

『絵で見てわかるWindowsインフラの仕組み』が出ました

2015年9月30日

市民記者の新井です。

久しぶりの更新ですので、まずは弊社の近況から。
弊社Webサイトのトップページの「TOPICS」にあるように、SP改SharePoint関係の開発業務が好調です。もちろんコピペ判定支援ソフト『コピペルナー』も変わらずご愛顧をいただいています。
そこで「このあたりでSP改に関するブログ記事を!」と思ったのですが…、SharePointチームがあまりに忙しそうなので、仕方なく(嘘です)私が新刊の紹介をすることになりました。

とはいうものの発売から2か月が経過しており、新刊というには少々鮮度が落ちてしまいましたが…。

『絵で見てわかるWindowsインフラの仕組み』(2015年7月16日発売)

絵で見てわかるWindowsインフラの仕組み

今回、翔泳社様の「絵で見てわかる」シリーズの1冊として、『絵で見てわかるWindowsインフラの仕組み』という本の執筆をさせていただきました。

マイクロソフトという企業は、一般消費者から中小企業、大規模企業まで、さまざまなユーザーを想定して、実に多くの製品やサービスを展開しています。しかし、その分全体像をとらえにくい存在にもなっているといえるでしょう。

本書は、そうしたマイクロソフトと、Windows関連技術の全容を知ってもらおうという趣旨でまとめたものです。OSとしてのWindowsの歴史や内部の仕組みだけではなく、マイクロソフトのサーバー製品、アプリケーション、開発ツール、サービス、クラウドなど幅広く取り上げ、それらのコンセプトや特徴を難しくなり過ぎないように書いてみました。また、このシリーズ全体のコンセプトでもありますが、図を多用することでより理解しやすいようになっています。
表紙にあるとおり、まさに「『知ってるつもり』のマイクロソフト技術の全体像を1冊でカバー」する本です(プロのかたのキャッチコピーはさすがですね)。

どなたにも読み進めていただける内容にはなっていますが、エンジニア…特に、SEをめざす新入社員やプログラマ初心者、ITに従事しながらもこれまでマイクロソフト製品にあまり関わってこなかった人などのお役にたてるのではないかと思います。

見つけたらレジにお持ちいただくか、「購入ボタン」を押していただけると幸甚です。どうぞよろしくお願いします。

■ Windows系開発会社「アンク」のWebサイトへ
■株式会社アンクの書籍サイトへ

From → お知らせ, 書籍

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。